ほぼ1週間分のお気に入りツイート(-15.11.12)

Pocket
LINEで送る

Screen Shot 2012-10-12 at 10.11.28


まあ、あながち間違ってはいないですね。
Twitterではネタとして扱われていますが、本当に困った時には話を聞きにいってみようかなあ、なんて思います。


https://twitter.com/eriberry703/status/266864877245710336

https://twitter.com/eriberry703/status/266865613459308544

https://twitter.com/eriberry703/status/266865948097642496

実際に日本の企業でも行われているみたいです。
面接では物静かな印象だった女の子が、Facebookでは友達もたくさんいて、彼女の投稿に対してはたくさんのコメントがあった。ここから人事部の人間は「彼女には人望がある」と考え、採用にいたった例もあるようです。

他にも投稿されている写真やタグ付けされている写真など、ある程度チェックが入るところもあるそうです。
泥酔しても写真には撮られたくないですね…

Twitterでもどれほど影響しているかや、どのような傾向のつぶやきが多いかなどもチェックされるのでしょうか。
引用ばかりしているアカウントや告知や宣伝ばかりで、ソーシャルを上手く活用できていない人は就活の際には注意が必要かもしれませんね。
その人の本質は友達の数や、フォロワーの数では測れないですから。


ホンダの創業者・本田宗一郎氏の名言ですね。
創業当時は革新的な考え方の人間も、年をとるにつれて老いていきます。
その中で、いかに新しいものを追い求めるかが会社にとって大切なのかもしれません。


これ、とても面白いと思いました。
僕もよくこういった妄想をするのですが、一見あり得ないようなことを考えると、そこから新しい発想に結びつくこともありますね。


頑張っている人を否定するわけではないのですが、事実だと思います。
僕も含めて、学生に多い気がしますが。


こういう雑学、すごく好きです。
自分で実際に「It’s fine today.」と言ってみるとよくわかると思います。


これも言語学に関することです。
社会学的見地と言語学的見地からツイートされているので、ぜひ読んでみてください。
感じ方、ですね。


僕が”マジでヤバい”と思うジンさんのツイート。
学校からの帰宅中にうるっときました。


過去3回分のツイートまとめ記事

ほぼ1週間分のお気に入りツイート(-08.11.12)

ほぼ1週間分のお気に入りツイート(-25.10.12)

ほぼ1週間分のお気に入りツイート(-18.10.12)


Pocket
LINEで送る