[追記あり]普通の大学生がUIscopeを使って“バイトするより簡単に”収入を得ている話

webcam
Pocket
LINEで送る


どうも。基本的に気になったアプリは有料無料問わずダウンロードしてしまいます。かっちゃん です。無料アプリは使わなくなったらアンインストールしたらいいだけですし、有料でもダウンロードするのは開発者の方へのリスペクトだと考えています。

みなさん、UIとは何か知っていますか?

詩的な方にとってはYou & Iを意味しますね。

WebではUser Interfaceを意味します。つまり、ユーザーにとってどう見えるか、どのように使えるかです。
あなたが今見ている画面もUIを意識して作られています。
iPhoneでもAndroidでも、MacでもPCでも。すべて意識して作られています。
(専門家の方、間違っていたらご指摘お願いします)

でもアプリを公開する前にどうやって”User”Interfaceを作るのか?
どれだけ開発者がユーザー目線で見たとしても、それはあくまでも開発者目線です。

そこで実際にユーザーに使ってもらって、フィードバックをしてもらおうと考えられたのが今日ご紹介するサービスです。

Screen Shot 2012-11-14 at 23.12.44

UIscope、User Interface Scopeですね。

Screen Shot 2012-11-13 at 19.21.27

作業の流れとしては上の通りです。

アプリをダウンロードしてもらって、実際に操作している状況を動画として撮影してもらい、それをアップロードするというものです。
操作中は”今自分が何をしているのか”、”何をしようとして、何ができなかったか”を音声で説明します。こうすることで、実際のユーザーによるレビューを行えるというものです。

そして、1つのアプリを操作している動画を提出することで500円もらえます。
500ポイント=500円の計算で、1,000ポイントから換金できます。

Screen Shot 2012-11-13 at 19.21.42

それだけでなく、サービスはまだ始まっていませんが”クイズ”などもポイントの対象になるかもしれませんね。
アプリに関するクイズ、楽しみです!

今、学校が忙しすぎてバイトできないので、UIscopeが僕の収入源です。
一応、このブログにGoogle Adsenseを導入していますが、まだまだアクセス数もないですし、大したお金にはなりません。
もっとアクセスしてもらえるように、記事を書いていきます。


Screen Shot 2012-11-15 at 9.32.53

ちなみに現在、今月だけで3,000円の収入です。

そう。僕の唯一の収入源のUIscope、実は友人であるひらぼー @Hiraboo0729 が代表を務めている株式会社InnoBetaのサービスなのです。

登録するとWebカメラを持っていない方にはUIscopeから無料でWebカメラが送られてきます。
そして、テスト投稿します。これだけで500ポイントもらえます。

テスト投稿が確認されると、本格的に作業に移ることができます。
そして、何か1つ、アプリのテスト動画を提出することでさらに500ポイントゲット。
これだけで1,000円もらえちゃいます。

そしてさらに!僕のブログから登録すれば500ポイントもらえます!
僕にもあなたにも500ポイント入ります!
普通に登録するより、ちょっとお得ですよね。

リンクから登録してもらえれば紹介登録となるはずですが、もし紹介コードを要求されれば「rS2x4Rrzng」と入力してください。
これで問題なく登録できるはずです!

それでは!とりあえず登録してみましょう!

UIscopeに登録

Screen Shot 2012-11-13 at 19.22.15

こちらにアクセスして登録できます。

必要な項目を入力してください。
お金を振り込んでもらうための銀行口座情報の入力も必要です。お手元にキャッシュカードや通帳を用意してくださいね。

Webカメラを持っていない人は、Webカメラのレンタルの申請を行なってください。
レターパックで届きます。届くの、結構早いです。
ちなみにこのWebカメラ、3回お仕事すればプレゼントしてくれます!僕はもうクリアしました!

Webカメラが届いたら、早速”お仕事”を始めましょう。

Screen Shot 2012-11-10 at 16.51.03

お仕事の一覧はこのように表示されています。
iPhoneとAndroid、どちらのOSのアプリも試せますが、今のところiPhoneのアプリが多いです。

動画の撮影方法はこちらで詳しく解説されています。
Macをお使いの方はQuickTime Player、Windowsをお使いの方はWindows Movie MakerかDebutというソフトをダウンロードして撮影するそうです。

撮影が終われば.movというファイル形式で保存しておきましょう。

そして、ファイルの提出をします。

Screen Shot 2012-11-15 at 9.19.15

ファイルの投稿ということは、動画をアップロードするということですので、アップロードが完了するまで少し待ちます。
アップロードが完了したらアンケートのようなものに回答して、提出が終了します。

これだけで500円!

記事を読んでいると「めんどくさそう」と感じるかもしれませんが、実際にやってみればとても簡単です。
動画の撮影も、実質6分程度で終わることがほとんどです!

提出やいろいろ含めても15分程度。
15分で500円と考えれば、かなり割の良い”バイト”だと感じませんか?
僕は当分、(バイトする時間がないので)収入源をUIscopeのみに絞ってみます。

簡単なのでとりあえずお小遣い稼ぎ程度に始められてはいかがでしょうか。
家にいて、ちょっと作業するだけで稼げると考えれば、寝る前の数分をお金に換えることができます。

以上、普通の大学生がUIscopeを使って“バイトするより簡単に”収入を得ている話でした。

じゃ、後程。

今日ご紹介したサービスはこちら
Screen Shot 2012-11-14 at 23.12.44


他のエントリーも読んでね!

普通の大学生がWishScopeを使って、旅をしながら20万円以上稼いだ話

WishScopeを上手に使うための4つの大切なポイント

このエントリーを読んでレビューを書いてくれた方がいます!

【やってみた】バイトするより簡単に収入を得られるらしいUIscopeを試してみた。

【Webサービス】アプリ検証で500円/件の『UIscope』は、さながらRPGのおつかいクエストだった


Pocket
LINEで送る